水虫の治療薬ラミシールを勧める医師

家族の中に水虫がいたらうつさないようにする

水虫は人から人へと感染する皮膚病です。もし、家族に水虫患者の方がいるという場合、他の家族にうつしてしまう危険性があります。
出来るだけ家族間の感染を予防したいなら、水虫対策をしっかり行うようにしましょう。

水虫は高温多湿の環境を好む、白癬菌というカビの1種によって起こります。
白癬菌は皮膚の角質層という部分で増殖すると言われており、水虫患者の皮膚から剥がれ落ちた角質層に触れてしまうと、白癬菌に感染してしまう恐れがあります。

素足で家の中を歩いてしまうと、白癬菌をばらまいているのと同じ事になってしまうため、靴下を履くなどして少しでも角質を落とさないように工夫しましょう。
また、靴下を履いていたとしても、家族とスリッパを共有する事はおすすめ出来ません。
スリッパに白癬菌が付着して、他の家族にうつしてしまう可能性が高いです。

素足で上を歩く機会も多いカーペットも、白癬菌の温床となりやすいので注意が必要です。カーペットは頻繁に掃除を行い、清潔に保つようにしましょう。
掃除をするだけでなく天日干しをするのも有効です。
白癬菌は乾燥に弱いので、干す事で減らす効果が期待出来ます。もし、洗えるカーペットであれば、洗濯する事をおすすめします。

水虫患者が履いた靴下と、他のものを一緒に洗濯すると白癬菌がうつるのでは?と、不安に感じる方もいるかもしれません。
白癬菌は水で洗い流されてしまうので、水虫患者のものと一緒に洗濯を行ったとしても、他の衣類などに白癬菌がうつってしまうという事はほとんどないようです。
洗濯後、干したり乾燥機にかければ、さらに白癬菌は死滅します。

また、家族も石鹸で足の裏を丁寧に洗うなどして、白癬菌に感染しないよう予防を心がけましょう。
石鹸で洗った後は石鹸カスが残らないよう、丁寧に洗い流すのがコツです。
石鹸カスが残ってしまうと、白癬菌のエサとなってしまい感染を促す事になってしまいます。
石鹸で洗った後はしっかり洗い流し、タオルで水分を拭き取るようにしましょう。

水虫はお風呂でうつることはない

家族に水虫を患っている方がいるという場合、一緒の湯船に入って水虫が感染しないかどうか、気になるという方も多いのではないでしょうか。
水虫を引き起こす白癬菌は、高温多湿を好むカビの1種です。
お風呂はカビが生えやすい場所という事もあり、家族間で感染してしまわないのか気になるところです。

水虫患者の家族が入ったお風呂に、そうでない人が入ったとしても白癬菌が感染するという事はありません。
湯船の中に白癬菌が入り込んだとしても、ほぼ感染する事はないと言われています。
お風呂場の床も水によって白癬菌は流されてしまうので、一緒に使っても問題はないようです。
しかし、お風呂を出た後の脱衣所には感染するリスクの高い、足ふきマットがあるので注意しましょう。

お風呂から上がった後は素足です。
白癬菌がうつりやすい状態の時に、最初に触れるのが足ふきマットです。足ふきマットは使用すると水分を含みます。
白癬菌が好む湿気が高い状態をキープしているので、水虫患者の家族が使った足ふきマットに触れてしまうと、感染するリスクがアップします。

家族間での感染を防ぐには、水虫患者とは足ふきマットを分けて使用する事が大切です。
また、1度使った足ふきマットをそのまま放置してしまうと、白癬菌の温床となってしまうため、定期的に洗濯をして清潔に保つようにしましょう。

洗濯をするだけでも足ふきマットに付着した白癬菌は十分に洗い流されますが、その後に太陽光の下で干すとさらに白癬菌を死滅させる事が出来ます。
洗濯する際も一般の洗剤を使って問題はありません。
湿気を持ちやすい足ふきマットは、出来るだけ早く洗濯をして乾燥する事を心がければ、家族間での感染予防に効果的です。