水虫の治療薬ラミシールを勧める医師

水虫になりやすい時期となりやすい人の特徴

足の裏や指の間に出来やすい皮膚病として「水虫」は有名です。
辛い症状が続く水虫ですが、水虫になりやすい時期や、なりやすい人の特徴を知っておく事で予防につなげる事が出来ます。
水虫はカビの1種「白癬菌」が皮膚の角質層に感染する事で起こる皮膚病です。
白癬菌はカビと同じような特性を持っているので、高温多湿の場所を好む傾向にあります。

白癬菌の活動が活発になるのは温度と湿度が上がる梅雨時期です。また梅雨時期から夏場にかけても感染者数が増加します。
そして意外かもしれませんが。冬場も水虫の感染者が増える時期なので注意が必要です。
梅雨時期や夏場のように高温多湿にはならない冬場に、なぜ白癬菌に感染するのか気になる方もいるでしょう。

冬場に外出する際は厚手の靴下を履いたり、通気性の悪い靴を履く機会が増えます。
靴の中が長時間通気性の悪い状態が続くため、体温によって高温多湿と同じような状態となるようです。
湿度と温度が高い状態が長く続く環境が整えば、冬場でも水虫になってしまうケースが考えられます。

空気が乾燥していて温度も上がらない時期でも、環境さえ整えば白癬菌に感染してしまうと覚えておく必要があるでしょう。
また、なりやすい人の特徴としては足の裏に汗をかきやすいという点が挙げられます。
やはり汗をかくと靴の中が蒸れやすくなり、白癬菌が好む高温体質の環境を作ってしまうため、水虫になりやすいようです。

汗かき体質という方の他に、家族に水虫患者がいるという方の場合も発症しやすいので注意する必要があります。
家族に水虫患者がいた場合、白癬菌を含んだ角質層が剥がれてカーペットや足ふきマットなどに散らばっています。
この角質層を踏んでしまうと場合によっては、白癬菌が感染してしまうかもしれません。

水虫治療を行っている家族がいるご家庭の場合、特に感染しやすい環境が整っているので足に裏を清潔に保つ、足ふきマットやスリッパは共用しないといった工夫が必要です。

足の臭いの原因はナイロン製の靴下

靴を脱ぐとツーンと鼻をつくような臭いがする…といった足の臭いに悩まされている方も少なくありません。
足が臭ってしまう原因は色々とありますが、ナイロン製の靴下を履いていると臭いやすいので注意しましょう。

靴下の匂いを嗅ぐ女性ナイロン製の靴下は素材状、通気性が悪いという特徴があります。
長時間通気性が悪い状態がナイロン製の靴下を履く続く状態になってしまいます。
汗かきの方がナイロン製の靴下を長い時間履いていると汗をエサとする菌がどんどん繁殖し、その菌が汗を分解する際に臭いを出してしまうようです。
市販されている靴下にはナイロン製も多いですが、特に汗かきという方の場合、足の臭いが強くなる傾向にあるので避けた方が良いでしょう。

汗かき体質という方の場合、通気性の良いコットン製の靴下がおすすめです。コットン製の靴下は足の臭いを抑えるだけでなく、水虫の予防にも繋がります。
水虫を引き起こす白癬菌という菌は、高温体質の環境を好む傾向にあります。ナイロン製の靴下は通気性が悪いため、靴の中が蒸れやすいです。
靴の中が湿度が上がり、しかも体温で温度も上昇してしまうため、ナイロン製の靴下は白癬菌が好む環境を作り出してしまいます。

ナイロン製の靴下を好む方は足の臭いに悩まされるだけでなく、水虫にもなりやすいでしょう。
気になる足のトラブルを予防したいのであれば、通気性に優れたコットン製の靴下を選ぶ事がケアとして有効です。

特に足の指の間に汗をかきやすいという場合は、同じコットン製の靴下でも5本指になっているタイプを選びましょう。
足の指を入れる部分が5本に分かれている靴下であれば、汗を良く吸い取ってくれますし、通気性もより改善されるのでおすすめです。